心の病気に打ち勝とう|正確に伝えることが重要

女の人

心が苦しい時の処方箋

笑顔の女の人

心の病気について、心の病気の種類であったり、その予防法や原因を記事にしています。今や心の病気は誰にとっても身近なものです。ストレスの多い現代社会では、誰もがかかってしまう可能性があるといえるでしょう。病気をしっかりと知り、予防に努めましょう。

More Detail

心の病を把握する

看護師

主な病気

心の病気は種類が多く、それぞれきちんとした治療を必要とします。例えば、うつ病も心の病気の1つです。うつ病は、気分が激しく落ち込んだりするうつ状態が、少なくとも1週間以上続く場合に診断を受けます。うつ病は、心の風邪と呼ばれ、誰にでもかかりうる病気、と言うことで軽視されがちでした。しかし症状が重度になると、自殺を図ったり、仕事を続けられなくなったりと、日常生活に大きな影響が出ることもあります。うつ病と似た名前で呼ばれていた、そううつ病と言う病気もあります。現在では双極性障害、と呼ばれるようになりました。双極性障害は、躁期とうつ期繰り返す病気です。躁期が重度の場合、患者が大きなトラブルを起こすことが多く、社会的に深刻なダメージを受けることもあります。治療はうつ病と全く異なり、躁期とうつ期の波を和らげることに重きを置きます。また突然激しい動悸やめまいに襲われるパニック障害や、特定のことに強い不安を感じる強迫性障害なども心の病気の1つになります。心の病気は放置しておくと、体の病気と同じく悪化してしまいます。なので、きちんとした診断を受け早めに治療行うことが早期回復につながります。

治療の時の注意点

心の病気は、まず正しい診断を受けあせらず治療に当たることが大切です。うつ病の場合は、主に抗うつ剤を処方されます。抗うつ剤の投薬により、うつ症状を和らげて行きます。この時注意が必要なのは、医師の判断なしで、勝手に通院や投薬を止めてしまわないことです。一時的に症状が回復していたとしても、完治には至っていない場合があるからです。勝手に通院や投薬を止めてしまうと症状がぶり返すだけでなく、悪化してしまうこともあります。パニック障害は、突然激しい動悸やめまい、呼吸困難に陥る病気です。このため治療を行わないと、会社にいけなくなったり、外に出られなくなるなど、日常生活に多大な影響を与えてしまいます。パニック障害の治療には、主に薬物療法を行います。また心理療法も同時に行うことで、パニックを起こす頻度を下げることも大切です。他にも双極性障害、強迫性障害など心の病気は様々です。そしてそれぞれ別の治療していきます。 体の病気と心の病気は、目に見えるわけではありません。そのため医師と患者がうまくコミュニケーションがとれないと、間違った診断を受けてしまうこともあります。そこできちんと自分の状態を医師に伝え、正しい診断を受け、あせらず治療することが大切です。

心の負担が辛い症状を生む

4人のドクター

心の病気は誰もがなり得る症状として、社会でもその認知や取り組みが進むようになりました。心の病気の原因がストレスとなり、それが脳の働きを乱してしまうので、症状が出てしまう結果となります。症状を楽にしていくには専門的な治療が効果を出してくれるため、積極的に検討していきたい方法です。

More Detail

心を健康にするための治療

カウンセリング

人間の心は身体と同じように病気になることもありますが、心療内科や精神科を受診することで治療も可能です。心の病気にも症状や原因によっていろいろな種類があり、それぞれ治療法が異なるため診断も重要になります。患者さんの個性に合わせた心の健康基準を目標に、薬物療法や心理療法を通した治療を実施しているのです。

More Detail

周囲の理解と治療法

看護師

近年心の病気の代名詞としてたびたび取り上げられてきたうつ病はまじめな人ほどなりやすい傾向にあります。彼らは周りが休息をとるようにいってもそれを拒絶する傾向にあるので、専門医に任せるようにしましょう。治療の際は長い目で見ることが大切です。

More Detail